86 虎の意地2

スポンサーサイト

2009.08.06 Thursday   


一定期間更新がないため広告を表示しています













86 虎の意地2

2009.04.03 Friday 11:03  


開幕!.jpg
 さあ開幕!

いよいよ始まります。144試合+αの長丁場、いろんな事が起こるでしょう。その都度一つ一つの壁を乗り越え、道中は苦しくとも今年こそ最後の最後に笑えるようにチーム一丸となって頑張ります。

これから廣田神社にて必勝祈願、京セラドームに向かいます。












86 虎の意地2

2009.03.25 Wednesday 09:25  


優勝の瞬間をリアルタイムで観る事は出来なかったが、その映像は何度も何度もこの目に飛び込んできた。

ここでWBCの多くを語るのは失礼な気がする。ただ一言…本当にご苦労さま、お疲れさまでした!。

チームのその舞台裏ではかなりのご苦労があったと思う。想像を絶するプレッシャーもあった事だろう。我々野球人、そして日本人の代表として本当に良く頑張ってくれたし、たくさんの感動をもらった。

『感動』
心が感じる。心が動くこと…。いや、感じるだけではダメだ。感じた事を行動に移してこそ感動。感じ、動き、人間力を磨きたい。

侍ジャパン!世界一おめでとう!そして、感動をありがとう。

我々はまず『セ界一』を目指し、頂点を目標とする。選手たちと共に感動し、タイガースファンにはたくさん『感動』してもらえるように頑張るよ。












86 虎の意地2

2009.03.23 Monday 16:04  


 WBC侍ジャパン、とうとう来るところまで来たね。世界一まで、あと一つ。まさか韓国と5回も対戦するとは!?ただ、過去4戦はお互いに負けても明日がある状況での対戦。○●●○…白黒(決着を)付けてもらいましょう。頑張れ侍ジャパン!

今、いろんな野球を楽しんで、苦しんで、応援してます。共通点が1つ。野球って…

本当におもしろいね!












86 虎の意地2

2009.03.18 Wednesday 09:42  


 『桧山元気一発!』

WBCがなければ、関西のスポーツ紙にはこんなタイトルが一面に躍ってたんじゃないかな?

というくらい完璧な一発。皆さんにもお見せしたかったよ。

ひーはいつもテーマを持って練習に取り組んでいる。今日のバッティング練習でもひとりピッチャー寄りに(1〜2mほど)近付き、速球対策をしていた。今年も必ず「ここ一番」でやってくれるだろう。ところで…

恵一(平野)はまだ「CoCo壱番屋」の甘口カレーを食べているのだろうか(笑)?












86 虎の意地2

2009.03.16 Monday 23:56  


 WBC侍ジャパンが2次ステージの初戦を突破した。強敵キューバに対して、まさかあんな勝ち方(6-0)をするとは…。試合を重ねる度にチームが強くなっていくね。次は早やくも三度目の韓国戦。頂点に立つ為には避けて通れない道とは言え、最大で5回も当たるのだ。ベースボール大国は数あれど、宿敵韓国が最後までキーポイントになりそうだね。

さて、本日のリニューアル甲子園無観客試合。こちらも宿敵巨人相手に結果は…○8対5。メンチ奮闘3安打4打点。今は結果云々ではないが、初甲子園見参での内容伴うバッティングはこの球場に対してかなりいいイメージで臨めるんじゃないかな。今後に期待しょう。

誰もいないスタンド。野手の声、球音、そしてミットの音だけが響き渡るスタジアム。どちらかと言えば、有難い事に普段は超満員にやり慣れている両チーム。たまにはこれも新鮮でいいが、やはり一人でも多くのファンに観てもらってナンボのプロ野球。「今年のタイガースの野球は面白いぞ!」そんな風に言ってもらえるように、開幕に備えるよ。

リニューアルした甲子園。雰囲気はガラリと変わった。何が変わったかって?活字での説明は難しい。その雰囲気を味わいに、ぜひ球場まで足をお運












86 虎の意地2

2009.03.11 Wednesday 23:56  


 ここ数日徐々にだが状態が良くなってきた広大に一発が出た。ヒットは出るようになったが、皆さんの目には何か物足りなさがあったんじゃないかな?我々も「そろそろ出るだろう」という見方をしていたので、いろんな思いのこもった一発だったね。ただ、「バッティングは水もの」というくらい、努力を怠ったり気を抜いてしまうと一気に崩れてしまうもの。この一本を成長のキッカケにするかしないかは本人次第。努力に終わりはない。

一軍に再合流した坂がスタメンでいい仕事(アピール)をしたね。2安打&好走塁。一軍枠争いで留まらず、レギュラー争いまで自分を高めていってくれよ。

チーム4盗塁と、守備走塁コーチが取り組んでいる走塁革命が少しずつ浸透しつつある。チーム全体が走塁&盗塁への興味や強い意識を持って、このまま前へ進もう。


続きを読む >>